シニア男性

体がピンチ|脂肪肝にならないためのヒント

更年期を乗り切る

生薬

ホルモン療法はサポート役

更年期障害での症状には、ほてりや発汗などのホットフラッシュの症状が見受けられたり、喜怒哀楽などの表現の激しさがあり、精神状態が不安定になりやすい特徴も挙げられています。一般的に閉経前後に陥るケースが多く、症状については自覚症状が全くない女性や日常生活に支障が出るほどに悩む女性など、個人差が激しいのも特徴的です。健康面で悩むケースが多いものの、ストレスや女性ホルモンの減少によって美容面で悩むケースも増えています。また治療に関しては婦人科を受診するのがポイントで、ホルモン療法をメインとし、錠剤や塗り薬や貼り薬などでエストロゲンを補充し、軽快な毎日をサポートする療法が展開されています。しかしながら更年期障害では、身体への影響を考え、体力増強などの滋養強壮によい栄養素を健康食品からチャージすることも更年期の時期を乗り切るために重要視されています。

自然食を味方につける

早い人では40代後半から更年期障害による様々な症状に悩まされており、通常はホルモン薬によって症状を緩和させる治療が提案されています。閉経前後の10年間が目安となる更年期の時期で、乗り切るための治療や通院によるストレスも問題視されています。鬱などによっては、動くことが億劫になる場合もあるため、薬と併用できる健康食品を取り入れた食事療法も注目されています。例えば、健康や美容に効果的なポリフェノールは更年期障害の症状と上手く組み合わせられる利点があります。強い抗酸化作用は知られていますが、免疫増強にも効果的で自然治癒力を身体の内側から高めることができます。エストロゲンと似た働きも行い、自然界の食べ物には漢方薬同様に身体に負担をかけない治癒へと繋がるパワーが備わっているため、乗り切るための不安改善にうってつけの療法です。